recruit採用情報

職員インタビュー
M・Kさん

  • 2018年入組
  • 技能職員
実際に森林整備や特殊伐採等を実施する重要な職です。
そのために、安全・コストを常に意識して、日々の業務効率化や重機のメンテナンスなどを行っています。また、木材の搬出も行っていることから常に出荷する材の品質を意識し、間伐の場合は、山の資産価値が向上するような丁寧な仕事を心掛けています。よりよい技術を提供することが私たちの使命です。また、林業未経験者の方でも、林業に必要な資格取得や研修を行い、キャリアアップを図っています。

学生時代に学んだ林業の知識を生かして、「山を育てる」仕事を

  • 入組したきっかけは何ですか?
    高校、大学と林業について学んだことを将来に生かそうと考え、元々ほかの森林組合で働いていましたが、今居住している近隣で山仕事ができないかと長野県林業労働財団が主催している共同就職説明会へ行った事が始まりです。
  • 今の仕事内容を教えてください。
    筑南支所に所属していて主に木材の搬出をしています。間伐、主伐をして、森林所有者様の要望を取り入れて森林の再生、循環作業に携わっています。また、地拵え、下刈り、植栽などの造林業も担っていて山を育てています。
  • 仕事のやりがいを教えてください。
    雨や雪などその日の天気により作業方法や身体的ストレスが変わるので大変ではありますが、1つとして同じものがない中で作業するので、班員とミーティングしてどうやって仕事をするか、試行錯誤しながら効率よく仕事をする事にやりがいを感じています。
    また、現在は里山を中心に森林整備を進めており建物や電線、国道沿い等が多いため、安全にミスなくこなすことに集中しているため、大変さと同時にやりがいも感じています。
  • 仕事後や休日は何をして過ごしていますか?
    仕事後はなるべく心身を休ませるために、色々と頑張りません。
    休日は主に家族(子供)と体を動かしたり、ゲームをしたりして過ごしています。
  • 応募者へ一言お願いします。
    自然の好きな方、長野県で林業をやりたいと思っている方、是非一緒に汗を流しませんか?
SHARE