recruit採用情報

職員インタビュー
N・Yさん

  • 2001年入組
  • 技能職員
実際に森林整備や特殊伐採等を実施する重要な職です。
そのために、安全・コストを常に意識して、日々の業務効率化や重機のメンテナンスなどを行っています。また、木材の搬出も行っていることから常に出荷する材の品質を意識し、間伐の場合は、山の資産価値が向上するような丁寧な仕事を心掛けています。よりよい技術を提供することが私たちの使命です。林業未経験者の方でも、林業に必要な資格取得や研修を行い、キャリアアップを図っています。

一つとして同じ現場はない。毎回、身体と頭を使ってチャレンジできる

  • 入組したきっかけは何ですか?
    漁場を良くするために漁師が山で木を植えているテレビ番組を見たのがきっかけで林業に興味を持ち始め、私自身も手に職をつけて仕事がしたいと思いました。最初は他県で山の仕事をしていましたが、いっそのこと地元に戻って地域に貢献したかったのがきっかけです。
  • 今の仕事内容を教えてください。
    あづみ支所で就業経験の浅い人を対象とした指導員として育成班に所属しています。
    植栽から主伐までの作業全般及び特殊伐採、送電線の線下伐採をやっており、これらの作業を通して新人の育成に従事しています。
  • 仕事のやりがいを教えてください。
    手入れをした山林が目に見えるかたちで良くなることを実感できることです。山の地形や仕事をする季節で条件が異なり、1つとして同じ現場は無く、毎回身体も頭も使いながらチャレンジできることです。マンネリにはなりません。
  • 仕事後や休日は何をして過ごしていますか?
    子供の宿題を見たり、部活等の応援に行ったりします。
    また山菜やキノコの時季には地区の共有林によく行きその採集をします。マツタケが採れた時の喜びは大きいです。松茸サイコー!
  • 応募者へ一言お願いします。
    職人の世界なので、合えばどっぷりハマることができる仕事。技術を磨けば体力はそれほど必要なくなるので男女の体力差は気にならなくなります。男女問わずいつでもウェルカムですので、奮って応募して下さい。
SHARE