recruit採用情報

職員インタビュー
S・Kさん

  • 2020年入組
  • 総務課(事務職)
給与処理・決算業務・広報・購買品の販売・組合員各種手続きだけでなく緑の雇用事業などの助成事業も担っており、業務内容は多岐にわたります。デスクワークだけでなく、地域イベントへの出店にも携わっており、組合内外の多くの人と関わることができます。
職員の方々がイキイキと、気持ちよく働けるような職場づくりに取り組んでいます。

従来通りの方法にとらわれずに挑戦できる職場。仕事と育児の両立も可能

  • 入組したきっかけは何ですか?
    里山を歩いているときに木が綺麗に整列しているところがあり、誰かが手を入れているんだとういことに気づいたときに林業とういうものに興味を持ちました。
    松本平には林業会社が多くありますが、森林組合には知人が所属していたため以前から親しみを感じていたこともきっかけの一つです。
    ハローワークに行ったときにたまたま森林組合の求人が出ていて、しかも応募締め切り前日だったため、ご縁があったのかもと勝手ながら思っています。
  • 今の仕事内容を教えてください。
    私の業務としては緑の雇用事業の事務関係を担っています。この事業は、未経験者でも林業に就き、必要な技術を学ぶことができる制度ですが、3年間の研修をやり遂げた研修生の顔つきが入組時と比べて頼もしく見えたことが印象的でした。
  • 仕事のやりがいを教えてください。
    総務課は森林整備に直接関わることはありませんが、縁の下の力持ちとして職員が快適に働けるような環境づくりを心掛けています。
    仕事のやりがいとしては、業務が以前よりも効率的にできるようになった時やその仕組みを作ることができたときに感じます。
    例えば、書類の有効期限をデータ化することで一目で把握できるようになりました。
    また、従来通りの方法にとらわれることなく挑戦することができる職場環境だと思います。仕事としては同じことを繰り返す定型業務が多いと思いますが、先の見通しが立てやすいので仕事と育児の両立をさせることができます。
  • 仕事後や休日は何をして過ごしていますか?
    夏は子どもたちを連れて登山、冬は天気が良ければスキーに行っています。
    と言っても、毎年上達しないままシーズンオフを迎えてしまいますが…!
    本所勤務の場合、年に3回程度、休日に日直業務がありますが、振替休日を取得することができるので子どもの学校行事に充てることもあります。
  • 応募者へ一言お願いします。
    自然が相手の仕事なので、決して楽で簡単なものではありませんが、やりがいを感じられる仕事だと思っています。
    実際に現場を見た方が林業に対するイメージがより鮮明になると思いますので、是非見学にいらしてください。
SHARE